figchard dateschard

ワイン






インケルマンワイナリーは伝統的なクリミアワインの手法を受け継ぎ、オークで時間をかけてねかせることがその美味しさの秘訣です。
伝統的な地ぶどうや、厳選されたフランス種のぶどうがインケルマンの3,000haという広大な敷地に豊かに成り、伝統、知識、経験、そして技術の集積が芳醇な美味しさを生み出しているのです。

ウクライナの大使館や海外使節団に供給され、公式外交レセプションなどでも飲まれています。

温暖なクリミア半島は地中海性気候で、古代ギリシャ人がその豊かな土壌とぶどう生育に適した気候に感銘を受け、ワイン醸造を広めたのは有名な話です。
クリミアワインの歴史は紀元前7~8千年前に遡る事ができます。
ぶどうの生産に適したウクライナ・クリミア半島の風土や独特の土壌、気象条件に加え、紀元前からの伝統的手法を生かし、また長年による熟達したワインメーカーの継続により現在もすばらしいワインが多く生産されており、とくにヨーロッパやロシアへ輸出されています。

日本ではなかなかお目にかかれなかったクリミアワイン。クリミア半島の温暖な気候の中で太陽をさんさんと浴びて、ワイン作りは太古より長年育まれてきました。その地を旅する人の間で広まる極上の味と風味。この機会に是非、お試しください。